teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


南流地下鉄飛車

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 9月18日(月)10時21分22秒
返信・引用 編集済
  昨日は同僚の結婚式。
PVをぼーっと見ていたら、周りから興味なく見えたみたいです(汗)
決してそんなことないですよ。
感慨にふけっていたんです。
疲れたわーと思ってわけではありません。
言い訳するほど、誤解を生じることになりそうなのでこの辺でやめときます。

さて、雁木が流行していているが勝ちづらい戦型ではある。
なんせ玉がどっちに行けば良いのかやってみないとわからないからだ。
ただゆっくり指したい人にとっては、方針がわかりやすいのでやりたい戦型ではある。

後手の持駒:角 歩
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v銀 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩二
手数=39  ▲5五歩  まで

後手番

後手玉はどっちに行けばいいのか全くわからない。
彷徨っている状況だ。
平成元年の本では、下図が紹介されている。

後手の持駒:角
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v銀v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 玉 金 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩
手数=0    まで

後手番

ポイントは角交換を待ってから地下鉄飛車での飛車先逆襲である。
現代では▲6六歩では△6五歩からの争点ができるので先手陣は想定しづらい。
ただし攻める形として念頭に置いときたい。
 
 

将棋道場

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 9月 8日(金)18時39分14秒
返信・引用 編集済
  運転免許の更新を口実に有休を取りました。
早朝に早々済ませ、久々の将棋道場で腕試しです。
最近、詰将棋を再開したのでまともな将棋に戻りつつあります。

しかし、実戦は序盤の形が大切です。

後手:相手の方
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v飛v金 ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v金v角 ・|二
|v歩 ・ ・ ・v歩v歩 ・v歩 ・|三
| ・v歩v歩v歩v銀 ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩v歩|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 金 銀 ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 金 銀 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:私
先手の持駒:なし
手数=32  △6一飛  まで

私の流れ矢倉に相手の方の右四間飛車。
私は先手で受けることが多いが、相変わらずよくわかっていない。
というのも、△6五歩から開戦すれば流れに身を任せれば良いので楽といえる。
しかし、右四間飛車側が仕掛けなかった場合の打開方法がまるでわからない。

本譜は上図から▲3五歩△同歩▲2四歩△同歩▲同飛△6五歩▲4五桂で下図。

後手:相手の方
後手の持駒:歩二
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v飛v金 ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v金v角 ・|二
|v歩 ・ ・ ・v歩v歩 ・ ・ ・|三
| ・v歩v歩 ・v銀 ・ ・ 飛 ・|四
| ・ ・ ・v歩 ・ 桂v歩 ・v歩|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 歩 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 金 銀 ・ ・ ・ 歩|七
| ・ 角 金 銀 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:私
先手の持駒:歩
手数=39  ▲4五桂  まで

後手番

最後の▲4五桂では▲2三歩△3三角▲2六飛で次の▲4五桂を狙った方が良かったか。
まあいずれにしても右桂が捌けそうだから指しやすそうだ。

問題は△6五歩と開戦せずに△2三歩▲2六飛△9四歩と待たれたときがわからない。

後手:相手の方
後手の持駒:歩
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v飛v金 ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v金v角 ・|二
| ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・v歩 ・|三
|v歩v歩v歩v歩v銀 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 飛 ・|六
| 歩 歩 ・ 金 銀 ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 金 銀 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:私
先手の持駒:歩
手数=40  △9四歩  まで

歩がぶつかっていないので▲4五桂は軽すぎるだろう。
検討してみたところ▲4五歩が良いみたいだ。
なんと桂馬が飛ぶところに▲4五歩は意表の一手。
極端に後手は待つとして△9五歩なら▲5五歩が継続の一手。

後手:相手の方
後手の持駒:歩
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v飛v金 ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v金v角 ・|二
| ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・v歩 ・|三
| ・v歩v歩v歩v銀 ・ ・ ・ ・|四
|v歩 ・ ・ ・ 歩 歩v歩 ・v歩|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ ・ 飛 ・|六
| 歩 歩 ・ 金 銀 ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 金 銀 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:私
先手の持駒:歩
手数=43  ▲5五歩  まで

後手番

上図から△同銀は▲5六歩で銀が死ぬので△同角の一手。
▲4六銀△2二角▲3五銀で先手指せる。
飛車の横利きで▲4六銀と出られるのは見えずらい。

よって右四間飛車側はジッとしていられないので開戦するしかないようだ。


次は、相手の方の四間飛車に私の銀冠穴熊。

後手:私
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・|一
| ・v飛 ・v銀v金 ・v金v玉v香|二
|v歩 ・ ・v歩v歩v歩v角v銀 ・|三
| ・ ・v歩 ・ ・ ・v歩v歩v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| 歩 歩 角 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ 飛 金 ・ 銀 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 玉 ・ 香|九
+---------------------------+
先手:相手の方
先手の持駒:なし
手数=33  ▲2五歩  まで

後手番

上図から今までだったら△1一玉▲2四歩△同角(△同銀)で甘んじていたと思う。
これは本に載っていた手筋で、局面によっては堂々と△同歩が成立するみたいだ。
本譜も△同歩▲同桂△5一角▲6五歩となった。

後手:私
後手の持駒:歩
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v角 ・ ・v桂 ・|一
| ・v飛 ・v銀v金 ・v金v玉v香|二
|v歩 ・ ・v歩v歩v歩 ・v銀 ・|三
| ・ ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ 歩 ・ ・ ・ 桂 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| 歩 歩 角 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ 飛 金 ・ 銀 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 玉 ・ 香|九
+---------------------------+
先手:相手の方
先手の持駒:歩
手数=37  ▲6五歩  まで

後手番

上図からなんと△3一玉という手があると知ったときはたまげた。
これで馬は作られるものの「桂馬の高飛び歩の餌食」で△2四歩から桂得で居飛車指せる。

「序盤・中盤・終盤隙がないね」と言われたいもんだ。
 

新雁木

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 9月 1日(金)22時17分16秒
返信・引用 編集済
  あっという間に9月です。
急に涼しくなってきており体調管理には気をつけたいです。
出かけるには最高の季節ですね。

さて、将棋界では菅井王位が誕生した。
菅井が強かったのもあるが、羽生さんの劣化が著しい気がしてならない。
特に竜王戦挑戦者決定戦第2局はあっさり一直線の変化で負けてしまった。
年齢的には永世七冠の最後のチャンスかもしれない。

菅井王位の早指し力戦は糸谷竜王だったときのように瞬時の力に見える。
慣れない相手には通用するが、今日は斉藤七段に負けた。
力戦振り飛車は相居飛車の研究が激しい現在では対象外なので通用したと見た。
30代の佐藤康光のように、次々と力でねじ伏せるように良い意味で期待を裏切ってほしい。

戦型的に見ると雁木が流行している。
角換わりのように激しい将棋を好まない方にとってはやってみたい戦法ではある。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・ ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 ・|六
| 歩 歩 角 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=8  △4四歩  まで

後手が角換わり拒否したのが上図である。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v銀v角v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 ・ 歩 銀 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 角 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=29  ▲3五歩  まで

後手番

先手は試行錯誤で上図がベースとなっている。
金矢倉に組もうと▲6六歩では6筋に争点ができて、タイミング良く角道を開けられる。
いまのところ、プロでもアマチュアでも上図のような局面に進むと思われる。
問題はこの局面をどうみるか。

プロ的には玉の位置が戦場から遠く、△8六歩から継歩で良い勝負と見るだろう。
アマチュアにとっては先手に主導権を握られて、居玉で不安しか残らないと見るだろう。
コンピューターにとっては、金銀の連結が良いのが評価されていると思われる。

一部の高段者を除いて、我々アマチュアにとっては敷居が高い戦型と思っている。
個人的には急戦にも持久戦にも対応できる柔軟性がある陣形なので好む形である。
ただし、持ち時間が少ない場合は受けきるのは容易ではないというのが現在の認識です。
 

精神的なもの

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 8月18日(金)07時40分19秒
返信・引用
  お盆休みも終わって仕事の方も多いでしょう。
夏にしては天気が悪いですが体調管理に気をつけましょう。
人のこといえませんが…。

さて、将棋の調子はまずまず。
具体的な手順は定まっていないが、戦型の方針を打ち出せた。
また、最近は体の調子が良いので集中力が持続できる状態に戻りつつある。
レーティングこそ上がらないが、あくまで目安程度。
ただ、毎日指していないとダメですね。
指さなくなるとすぐに手が見えなくなります。
 

新矢倉戦

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 8月16日(水)20時35分22秒
返信・引用
  今日は久しぶりの出勤でした。
しかし、お盆休み中に夏風邪をうつされました。
ありとあらゆる季節で風邪をひくのは恒例となっています。

さて、矢倉は時代が進みすぎている。
先日の藤井四段の序盤戦術はもはや理解不能となりつつある。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v金v玉v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金 ・v銀v角 ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 金 ・ 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 角 金 ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩
手数=30  △6五歩  まで

第1期叡王戦の森内VS阿部光戦で上図は仕掛けが成立している。
当時は見慣れない駒組みだったが、まだ多少は理解できる。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩 ・ ・v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 角 金 ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=14  △6五桂  まで

第59期王位戦の小林健VS藤井聡戦で上図も仕掛けが成立しているらしい。
いや、これは後手囲ってないし、攻め駒が前に出ていないので理解不能。
一見、攻めが軽すぎる上に反撃がきつそうなイメージがある。
初動からエンジン全開で踏み続けなければならないのは相当厳しい。
受ける側は普通にやっていれば指しやすくなりそうだが現代将棋はそうならない。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v玉 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v飛v銀v金v角 ・|二
|v歩 ・ ・v銀 ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 金 ・ 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 角 金 ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ 玉 ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=22  △5二飛  まで

現在▲7七銀が多いことから、上図のように矢倉中飛車も有力だ。
私は自然な指し手が続く上図を持ってみたいけど今時の指し方も注目だ。
 

格上相手

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 8月 8日(火)20時40分7秒
返信・引用
  台風が過ぎて明日はものすごく暑くなるみたいです。
1日外出だから嫌だなあ。

さて、格上相手に一発入れる戦法を考えている。
同格以下ならノーマル振り飛車でも矢倉でも戦える。
しかし、格上となると受け身の戦法は勝ちづらい。
流行の雁木では勝てるわけがない。
玉の固め合いもねじり合いとなるので分が悪そうだ。

そこで考えられるのは力戦模様か主導権を握る戦型となってくる。
先手で横歩を取るのは勇気がいるが、後手ならさほど気は遣わないはずだった。
現在は青野流や勇気流で先手が押している印象だ。

飛車先交換一手損角換わりも有力かと検討してみた。
手順は以下の通り。

▲7六歩    △3四歩    ▲2六歩    △8四歩    ▲2五歩    △8五歩
▲7八金    △3二金    ▲2四歩    △同 歩    ▲同 飛    △8八角成
▲同 銀    △2二銀 にて下図。

後手の持駒:角 歩
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v金v銀 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 飛 ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 銀 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩
手数=14  △2二銀  まで

全く何が主張なのかよくわからない上図。
とりあえず横歩取りを避けただけにしかみえない。
飛車先の交換は近年では価値が低くなった。
上図から後手が早繰り銀で速攻できればと研究したがやや無理気味。
腰掛け銀でも良いが、それなら何を主張としているのか私の棋力ではわからない。

後手振り飛車は格上には相当厳しいと言わざるを得ない。
残るはあれしかないのか…。
 

きっかけ

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 8月 6日(日)18時49分46秒
返信・引用
  あっという間の週末を終えてまた仕事に向かう。
お盆休みなんてウチには関係ない。
といったものの、有休を使って社会人生活初めてお盆休みを取ります。
今週は1日少ないので頑張りましょう!

さて、将棋はもはや迷走している。
流行の雁木でもやろうかと思ったら右四間にぶっ潰された。
先手相掛かりもよーわからんからなぁ。
後手三間飛車もやや辛い。

根本的には集中力の問題のような気もしますけどね。
さっき王手飛車食らったけど、全盛期のような終盤力で逆転して思いました。
とりあえず将棋の技術は置いといて、健康的な生活を送りたいと思います。
今週も早起きやってみます。
 

ぼーっとする

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 8月 4日(金)07時39分56秒
返信・引用
  早く月初を乗り越えたい。
早く週末をむかえたい。
早く疲労をとりたい。

さて、今週は早起きを続けましたが私の場合起きた瞬間に調子がわかる。
頭がスッキリしているときとモヤモヤしているときがある。
睡眠の質が悪いのは長年の付き合いなので何とかしたいんだけどなぁ。

頭が回るときは良い将棋が指せて、ダメなときは当然ぼーっとしている。
ただ、負けたときのストレス感はまるで違う。
朝なら嫌でも気分を整えないといけないですからね。
こうやって書けるのも「早起きは三文の徳」なのかもしれません。
 

朝練

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 8月 2日(水)07時51分44秒
返信・引用
  8月に入り、私も歳を重ねて大台になる。
想像もつかなかったがなるべくしてなったこと。
健康に気をつけて頑張りたいと思う。

さて、ここ2,3年は将棋の勉強がおろそかであきれ果てている。
原因はいくつかあるがやる気が出ないの一言。
序盤は定跡の進化が進みすぎるし、詰め将棋は根本的には好きではない。
表舞台の24実戦は負けると腹が立つので精神衛生上良くない。
棋譜並べなんて何年やっていないことか…。

ということで、精神論の本に流れていくのだが強くなるわけがない。
現状維持がやっとであり、最近は目に見えるほど弱くなりつつある。

こりゃアカンと思って、朝練を再開しました。
以前にもやったことがあり、24で負けても夜の疲労度からのストレスと比べれば少ない。
いつまで続くことやらですが、そうでもしないと本当にウォーズの駒遊びしかやらなくなる。

根詰めた勉強方法は若いうちにやって、だんだん実戦に役立つやり方の方が効率は良いと思う。
 

社団戦2日目

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 7月30日(日)19時29分11秒
返信・引用
  今日は社団戦でした。
先週はとても忙しく、暑かったので疲れが残っていました。
今回は体調管理を中心に臨みました。

1回戦VS学生さん

相手の方の四間飛車に私の銀冠穴熊。
途中は難しい局面も多かったが玉の深さが生きて快勝。

2回戦VS若手の方

後手:私
後手の持駒:歩
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v玉|一
| ・v飛 ・ ・v金 ・ ・v金v香|二
|v歩 ・v歩v歩v銀v歩v角v銀v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・ ・|五
| ・v歩 歩 歩 ・ 歩 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 角 銀 歩 金 ・ 歩 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀 香|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ 金 桂 玉|九
+---------------------------+
先手:相手の方
先手の持駒:歩
手数=40  △8六歩  まで

相手の方の四間飛車穴熊に私の銀冠穴熊。
上図はよくある形だが後手番で用いるのは珍しい。

上図から▲同角△4四銀▲3八飛△4二角で下図。

後手:私
後手の持駒:歩
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v玉|一
| ・v飛 ・ ・v金v角 ・v金v香|二
|v歩 ・v歩v歩 ・v歩 ・v銀v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩v銀 ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ 角 歩 歩 ・ 歩 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 銀 歩 金 ・ 歩 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 銀 香|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ 金 桂 玉|九
+---------------------------+
先手:相手の方
先手の持駒:歩二
手数=44  △4二角  まで

部分的には島ノートに書いてある形で狙っていた。
上図から▲同角成△同金▲3一飛成△3二金寄▲7一竜△8七飛成が狙いだ。

相手の方が▲7七桂と変化したが、そこで△8六角▲同歩△3四歩とするべきだった。
本譜は単に△3四歩と謝ったため、▲7五歩と拒否されてしまった。

とはいえ、良い内容で押し気味だったが実力差で惜敗。

3回戦は休憩。

4回戦VS学生さん

相手の方の三間飛車に私の端玉銀冠。
三間飛車には銀冠穴熊に組みやすいみたいだが深く理解していないので中途半端な形に。
難しいと感じていたが、どうも悪かったようで玉頭から殺到されてしまいました。

個人もチームも厳しい戦いが続きます。
引き続き頑張りましょう。
参加された方々はおつかれさまでした。
 

レンタル掲示板
/115