teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


休憩

 投稿者:管理者  投稿日:2017年11月20日(月)21時34分50秒
返信・引用
  今年もあっという間に終わりそうです。
まぁ忙しかった1年だった。
伊東出張から始まって、マカオ研修、引越し、車購入、部署異動など大忙しだった。

将棋は相変わらずひどい1年だった。
総括はまだ先にするとして、3年続けば実力でしょう。
先日は大学OB会総会後に大会。
1回戦は面識のない方との対局だったが、あっさり負けで情けない。
小倉七段との飛車落ち指導対局は私の右四間飛車に△4二銀と待たれて無理攻めで負け。
これは勉強不足でしょうがないけど、腕力がないのはダメだなぁ。

腐らずに将棋を続けるつもりだけど、社団戦がなければそろそろ潮時のような気もする。
いまは弱気なので、しばらく将棋から離れたいと思います。
まずは私の場合は体調管理が先決ですから。
 
 

 投稿者:管理者  投稿日:2017年11月16日(木)06時49分56秒
返信・引用
  これは寝ているときの夢です。
私は眠りが浅いので夢を見ることが多いです。
客観的に捉えていることが多く、非現実とわかることさえあります。
時にありないくらい訳がわからない夢を見ることがあります。
楽しくも悲しくもなく、全てがおかしい世界です。
起きるとすぐ忘れてしまうのですが、夢は精神状態を表していると言われます。
今日は緊張する1日なので、変な夢でも見たのでしょうかね…。
 

不調

 投稿者:管理者  投稿日:2017年11月 9日(木)07時11分5秒
返信・引用
  ご無沙汰しています。
誰も待っていないでしょうが個人的に一ヶ月は空けすぎ。
ちょっと体調が悪かったです。
風邪はひいていないのですが、怠さが半端なかったです。

さて、将棋の方では土佐八段との指導対局、社団戦、市民大会など書くこといっぱい。
もう書き切れないので適当に。

・土佐先生との指導対局
この頃は三枚堂先生との指導対局の後だったので飛車落ちは自信があった。

上手:土佐八段
上手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・v金v角 ・|二
| ・ ・v桂v金v銀v銀v桂 ・ ・|三
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・|五
| 歩 歩 歩 ・ 銀 ・ 歩 歩 歩|六
| ・ 銀 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 角 玉 金 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 飛 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
下手:私
下手の持駒:なし
手数=40  ▲4五歩  まで

上手番

まぁ基本図で△2四歩型なのは三枚堂五段との指導対局と同じ。

上手:土佐八段
上手の持駒:角 桂
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・v金 ・|二
| ・ ・v桂v金v銀v銀 ・ ・ ・|三
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・ ・|五
| 歩 歩 歩 ・ ・ ・ 歩 歩 歩|六
| ・ 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 金 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 飛 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
下手:私
下手の持駒:角 桂 歩
手数=47  △4四歩  まで

下手番

下手の仕掛けに対して素直に清算する形となる定跡となった。
上図で銀を逃げると△3八角でめんどくさくなる。

上手:土佐八段
上手の持駒:角 銀 桂
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・v金 ・|二
| ・ ・v桂v金 ・ ・ ・ ・ ・|三
|v歩v歩v歩v歩v歩v銀v歩v歩v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・ ・ ・|五
| 歩 歩 歩 ・ ・ ・ 歩 歩 歩|六
| ・ 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 金 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 飛 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
下手:私
下手の持駒:角 銀 歩二
手数=53  △4四同銀  まで

下手番

上図から▲4三歩と垂らすのが定跡だが、△6五桂で嫌なことになる。
いつでも寄せに行けるように▲5二角と打ったのが研究手。
△3三金の交換を入れて▲4三歩と打てば良かったが▲6一銀と引っかけたのが疑問手。
△6二玉と寄られて寄せ方がわかりません。

上手:土佐八段
上手の持駒:角 銀 桂
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ 銀 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉 角 ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v金 ・ ・v金 ・ ・|三
|v歩v歩v歩v歩v歩v銀v歩v歩v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・ ・ ・|五
| 歩 歩 歩 ・ ・ ・ 歩 歩 歩|六
| ・ 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 金 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 飛 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
下手:私
下手の持駒:歩二
手数=57  △6二玉  まで

下手番

上手:土佐八段
上手の持駒:角 銀 桂
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ 銀 ・ 馬 ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・v金 ・v金 ・ ・|三
|v歩v歩v歩v歩v歩v銀v歩v歩v歩|四
| ・ ・ 歩v桂 ・v桂 ・ ・ ・|五
| 歩 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩 歩|六
| ・ 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 金 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 飛 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
下手:私
下手の持駒:歩二
手数=61  △6五桂  まで

下手番

玉頭から攻めたが、結局桂馬2枚を中央に殺到されることになってしまった。

上手:土佐八段
上手の持駒:飛 桂 歩
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ 角 ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v銀 圭 ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・v玉v角 ・ ・v金 ・ ・|三
|v歩v歩v銀 ・v歩 ・v歩v歩v歩|四
| ・ ・ ・v桂 ・v銀 ・ ・ ・|五
| 歩 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩 歩|六
| ・ 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ 玉 金 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
下手:私
下手の持駒:金 歩四
手数=80  ▲5二桂成  まで

上手番

なんじゃこの寄せはという愚形。
成桂動かせられないじゃん。上手の指し方が流石であってもひどいなぁ。
最後は緩めてもらって勝たせていただきましたが総括してひどかった。
土佐先生、ありがとうございました。

社団戦は結果的に苦しい戦いを強いられた。
相手が強いこともあるが、自分が弱すぎてひどかった。
特に13回戦は相手はあまり強い印象はなく戦型も読み筋も勝手に転んだ印象。
15回戦は重要な一戦と認識していたが、これは実力差がはっきりしていた。
社団戦に参加できて楽しかったですが、チームの足を引っ張ってしまって申し訳なかったです。
また来季頑張りましょう!

えーっと、ついでに同期のS君と某市民大会に参加しました。
特に何もなく2人とも3-2といつもの成績でした。
戦型を変えてみようと思った大会でした。
やっぱり相変わらず迷走していますが、モチベーションを維持し続けるのは必要です。
私にとっては読むことは重要だと認識していますが苦痛なので…。

次は大学のOB会。
たぶん何もできずに終わる気がする。
欲を捨て少しでも上に勝ち進めるように頑張りたいと思う。
小倉先生の指導対局は厳しいから2枚落ちか飛車落ちか迷っています。
当日は楽しみですね。
 

三枚堂五段との指導対局

 投稿者:管理者  投稿日:2017年10月10日(火)21時33分19秒
返信・引用 編集済
  3連休も過ぎてしまえばあっという間でした。
でも定期的に休日があるのは規則正しい生活が送れるのでやっぱり良いな。
また、朝型生活に戻さないと。

さて、先日に三枚堂五段に指導対局をしてもらえる機会がありました。
活躍している若手で内藤九段のお弟子さんくらいの認識でした。
でも、指導対局をしてもらうと今後は応援したくなりますね。

最近は指導対局では飛車落ちしかしていません。
2枚落ちでは本気を出されれば完敗でしょうが、指導では定跡形に導いてくれるので勝ちやすい。
飛車落ちとなると、下手は勉強しないと勝てない手合い差と考えています。

上手:三枚堂五段
上手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・v金v角 ・|二
| ・v歩v桂v金v銀v銀v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 歩 歩 ・ 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 銀 ・ 歩 歩 ・ 桂 歩 ・|七
| ・ 角 玉 金 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 飛 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
下手:私
下手の持駒:なし
手数=36  ▲4九飛  まで

上手番

上図まで定跡形の基本図。
昔は定跡以外の指し方もしていたが、勝負の観点以外の目的なら上図を目指すべき。
飛車落ちは手筋のオンパレードなので攻め方が学べます。

上図から△2四歩▲2六歩△8四歩▲4五歩△同歩▲同桂△4四銀右▲3三桂成△同銀で下図。

上手:三枚堂五段
上手の持駒:桂 歩
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・v金v角 ・|二
| ・ ・v桂v金 ・v銀v銀 ・ ・|三
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 歩 歩 ・ 銀 ・ 歩 歩 歩|六
| ・ 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ 角 玉 金 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 飛 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
下手:私
下手の持駒:桂 歩
手数=45  △3三同銀  まで

下手番

対塚田女流は△2四歩の代わりに△8四歩だったので基本定跡だった。
本譜は△2四歩型で△4四銀右とやや変化球だが、比較的わかりやすい定跡形となる。
△2四歩型は▲4六桂に△2三銀があるので▲4五同桂と跳ねる。

上手:三枚堂五段
上手の持駒:歩二
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・v金v角 ・|二
| ・ ・v桂v金 ・ ・ ・ ・ ・|三
|v歩v歩v歩v歩v歩v銀v歩v銀v歩|四
| ・ ・ ・ ・v桂 銀 ・ ・ ・|五
| 歩 歩 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ 角 玉 金 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 飛 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
下手:私
下手の持駒:桂 歩二
手数=54  ▲4五銀  まで

上手番

まだまだ定跡形は続く。
▲4五銀とガッチャンとぶつけて捌きたいところだが上手も返し技がある。

上図から△4八歩▲同飛△4七歩▲2八飛△4五銀▲2四飛で下図。

上手:三枚堂五段
上手の持駒:銀
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・v金v角 ・|二
| ・ ・v桂v金 ・ ・ ・ ・ ・|三
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩 飛v歩|四
| ・ ・ ・ ・v桂v銀 ・ ・ ・|五
| 歩 歩 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 銀 ・ 歩 歩v歩 ・ ・ ・|七
| ・ 角 玉 金 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
下手:私
下手の持駒:銀 桂 歩三
手数=60  ▲2四飛  まで

上手番

以下の本譜は駒を渡すので一長一短。
△4八歩成▲同金△5九銀▲5八金右△6八銀成▲同金で下図。

上手:三枚堂五段
上手の持駒:金
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・v金v角 ・|二
| ・ ・v桂v金 ・ ・ ・ ・ ・|三
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩 飛v歩|四
| ・ ・ ・ ・v桂v銀 ・ ・ ・|五
| 歩 歩 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ 角 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
下手:私
下手の持駒:銀二 桂 歩四
手数=66  ▲6八同金  まで

上手番

△6七桂成▲同金△8八角成▲同玉△3三角で下図。

上手:三枚堂五段
上手の持駒:金 歩
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金 ・ ・v角 ・ ・|三
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩 飛v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・ ・|五
| 歩 歩 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 銀 ・ 金 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
下手:私
下手の持駒:角 銀二 桂二 歩四
手数=71  △3三角  まで

下手番

上手の見事な切り返しで初見だったら心が折れてしまう局面だが、次の一手を知っていれば勝ち。

上図から▲5五桂(!)までが下手良しの定跡となる。
これが指したいがための、そして指させたいがための指導対局である。

上手:三枚堂五段
上手の持駒:金 歩四
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ 角 ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v桂 角 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
|v歩v歩v金v歩 ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・ ・v歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 歩 ・ 銀 ・ ・v銀 ・ 歩|六
| ・ 銀 ・ 金 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ 玉 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・v龍 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
下手:私
下手の持駒:銀 桂二 歩
手数=92  ▲5二角  まで

上手番

▲6六銀が光り、玉頭殺到で角を2枚並べたのが好手順で押し切った。
ここまで来れば、いくら私がヘボでも勝ちやすい。

飛車落ち定跡は2枚落ちと比べて変化が圧倒的に多いので上手にも楽しみがある。
攻め方を間違えると上手の金銀を活用されて力の差がはっきり出てしまう。
今回はたまたま上手く指せたが、変化手順も少しずつ覚えていきたいと思う。

三枚堂五段ありがとうございました!
 

団体個人戦

 投稿者:管理者  投稿日:2017年10月 3日(火)20時40分49秒
返信・引用 編集済
  早幾年もう10月です。
年末に近づき、あっという間の時が過ぎつつあります。

さて、先日は社団戦の1つとして団体戦個人戦が行われました。
これは弱い人が頑張る試合なので負けられません。

1回戦VS若手の方

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v金v玉v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金 ・v銀v角 ・|二
|v歩 ・v桂v歩v歩v歩 ・v歩 ・|三
| ・ ・v歩v銀 ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ ・ ・ ・ 歩|六
| ・ 歩 角 歩 ・ 歩 歩 歩 ・|七
| ・ ・ ・ ・ 飛 ・ 銀 玉 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=27  ▲9六歩  まで

後手番

手順は忘れたが上図の局面で△8六歩が理解不足の一手だった。
中飛車に左美濃が流行しているので乗ってみたのが酷かった。
▲同歩△6五銀と思っていたら▲同角で唖然とした。
角のラインが強烈すぎて中央突破されて防戦一方。
終盤もつれて逆転模様だったが、私もおかしくして泥仕合になり入玉され負け。

2回戦VSおっちゃん

もはや私もおっちゃんなのかもしれない。
基準は見た目で即断しているので曖昧です。

戦型は相手の方の四間飛車に私の銀冠。
▲5五歩△同歩▲同銀△6五桂▲6六角△5六歩の例の筋で勝ち。

3回戦VS学生さん(?)

相手の方の銀冠に私の真部流三間飛車。
3手目で▲2五歩まで決められたので久しぶりの三間飛車を採用しました。
駒組みでややおかしく、苦戦気味だったが怪しく迫って終盤に差をつけました。

4回戦VSおじさん

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・v銀v金v角 ・|二
| ・ ・v桂 ・v銀v金 ・v歩v歩|三
|v歩 ・v歩 ・v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 銀 歩 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 角 歩 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 銀 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ 飛 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=36  △6五歩  まで

オーラが半端ないおっちゃんだったので萎縮しそうになりました。
戦型は相手の方の右四間飛車に私の流れ矢倉。
この戦型は前々回の記事で書いたとおり、△6五歩と伸ばすのが新発見でした。

やむを得ず▲4五歩△同歩▲3五歩△同歩▲4五桂△4四銀▲7五歩と仕掛けるしかなくなった。

後手の持駒:歩二
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・v銀v金v角 ・|二
| ・ ・v桂 ・ ・v金 ・v歩v歩|三
|v歩 ・v歩 ・v歩v銀 ・ ・ ・|四
| ・v歩 歩v歩 ・ 桂v歩 ・ ・|五
| 歩 ・ ・ ・ 銀 ・ ・ 歩 歩|六
| ・ 歩 角 歩 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ 銀 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ 飛 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩
手数=43  ▲7五歩  まで

後手番

実戦的に難しいが右四間飛車側の攻めが単調で受けきりやすい。
ましてや上図では壁銀でカウンターに弱い形。
本譜も具体的にはよくわからなかったが、反撃できて制勝。

この対局は戦型とかの問題ではなく、自分に勝った気がしてならない。
相手の指し方やオーラに圧倒されることが多いが、己を信じることができた気がする。
人間同士で戦う場合は、技術面で大差がない場合は精神力も大きく影響する。
不安が残っている場合は既に練習が足りない証拠。
訳わからないが自分に自信があるときは、自然と良い手が向くようになっている。
そのためには体に染みこませないといけないことがよくわかりました。

運の問題だけど、全局後手番だったのは不満でした。
全勝を狙っていたので悔しかったです。
次こそ、チームに貢献したいと思っています。
参加された方々はお疲れ様でした。
応援してくれた方もありがとうございました。
 

南流地下鉄飛車

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 9月18日(月)10時21分22秒
返信・引用 編集済
  昨日は同僚の結婚式。
PVをぼーっと見ていたら、周りから興味なく見えたみたいです(汗)
決してそんなことないですよ。
感慨にふけっていたんです。
疲れたわーと思ってわけではありません。
言い訳するほど、誤解を生じることになりそうなのでこの辺でやめときます。

さて、雁木が流行していているが勝ちづらい戦型ではある。
なんせ玉がどっちに行けば良いのかやってみないとわからないからだ。
ただゆっくり指したい人にとっては、方針がわかりやすいのでやりたい戦型ではある。

後手の持駒:角 歩
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v銀 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩二
手数=39  ▲5五歩  まで

後手番

後手玉はどっちに行けばいいのか全くわからない。
彷徨っている状況だ。
平成元年の本では、下図が紹介されている。

後手の持駒:角
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v銀v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 玉 金 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩
手数=0    まで

後手番

ポイントは角交換を待ってから地下鉄飛車での飛車先逆襲である。
現代では▲6六歩では△6五歩からの争点ができるので先手陣は想定しづらい。
ただし攻める形として念頭に置いときたい。
 

将棋道場

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 9月 8日(金)18時39分14秒
返信・引用 編集済
  運転免許の更新を口実に有休を取りました。
早朝に早々済ませ、久々の将棋道場で腕試しです。
最近、詰将棋を再開したのでまともな将棋に戻りつつあります。

しかし、実戦は序盤の形が大切です。

後手:相手の方
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v飛v金 ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v金v角 ・|二
|v歩 ・ ・ ・v歩v歩 ・v歩 ・|三
| ・v歩v歩v歩v銀 ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩v歩|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 金 銀 ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 金 銀 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:私
先手の持駒:なし
手数=32  △6一飛  まで

私の流れ矢倉に相手の方の右四間飛車。
私は先手で受けることが多いが、相変わらずよくわかっていない。
というのも、△6五歩から開戦すれば流れに身を任せれば良いので楽といえる。
しかし、右四間飛車側が仕掛けなかった場合の打開方法がまるでわからない。

本譜は上図から▲3五歩△同歩▲2四歩△同歩▲同飛△6五歩▲4五桂で下図。

後手:相手の方
後手の持駒:歩二
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v飛v金 ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v金v角 ・|二
|v歩 ・ ・ ・v歩v歩 ・ ・ ・|三
| ・v歩v歩 ・v銀 ・ ・ 飛 ・|四
| ・ ・ ・v歩 ・ 桂v歩 ・v歩|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 歩 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 金 銀 ・ ・ ・ 歩|七
| ・ 角 金 銀 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:私
先手の持駒:歩
手数=39  ▲4五桂  まで

後手番

最後の▲4五桂では▲2三歩△3三角▲2六飛で次の▲4五桂を狙った方が良かったか。
まあいずれにしても右桂が捌けそうだから指しやすそうだ。

問題は△6五歩と開戦せずに△2三歩▲2六飛△9四歩と待たれたときがわからない。

後手:相手の方
後手の持駒:歩
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v飛v金 ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v金v角 ・|二
| ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・v歩 ・|三
|v歩v歩v歩v歩v銀 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 飛 ・|六
| 歩 歩 ・ 金 銀 ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 金 銀 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:私
先手の持駒:歩
手数=40  △9四歩  まで

歩がぶつかっていないので▲4五桂は軽すぎるだろう。
検討してみたところ▲4五歩が良いみたいだ。
なんと桂馬が飛ぶところに▲4五歩は意表の一手。
極端に後手は待つとして△9五歩なら▲5五歩が継続の一手。

後手:相手の方
後手の持駒:歩
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v飛v金 ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v金v角 ・|二
| ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・v歩 ・|三
| ・v歩v歩v歩v銀 ・ ・ ・ ・|四
|v歩 ・ ・ ・ 歩 歩v歩 ・v歩|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ ・ 飛 ・|六
| 歩 歩 ・ 金 銀 ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 金 銀 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:私
先手の持駒:歩
手数=43  ▲5五歩  まで

後手番

上図から△同銀は▲5六歩で銀が死ぬので△同角の一手。
▲4六銀△2二角▲3五銀で先手指せる。
飛車の横利きで▲4六銀と出られるのは見えずらい。

よって右四間飛車側はジッとしていられないので開戦するしかないようだ。


次は、相手の方の四間飛車に私の銀冠穴熊。

後手:私
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・|一
| ・v飛 ・v銀v金 ・v金v玉v香|二
|v歩 ・ ・v歩v歩v歩v角v銀 ・|三
| ・ ・v歩 ・ ・ ・v歩v歩v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| 歩 歩 角 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ 飛 金 ・ 銀 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 玉 ・ 香|九
+---------------------------+
先手:相手の方
先手の持駒:なし
手数=33  ▲2五歩  まで

後手番

上図から今までだったら△1一玉▲2四歩△同角(△同銀)で甘んじていたと思う。
これは本に載っていた手筋で、局面によっては堂々と△同歩が成立するみたいだ。
本譜も△同歩▲同桂△5一角▲6五歩となった。

後手:私
後手の持駒:歩
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v角 ・ ・v桂 ・|一
| ・v飛 ・v銀v金 ・v金v玉v香|二
|v歩 ・ ・v歩v歩v歩 ・v銀 ・|三
| ・ ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ 歩 ・ ・ ・ 桂 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| 歩 歩 角 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ 飛 金 ・ 銀 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 玉 ・ 香|九
+---------------------------+
先手:相手の方
先手の持駒:歩
手数=37  ▲6五歩  まで

後手番

上図からなんと△3一玉という手があると知ったときはたまげた。
これで馬は作られるものの「桂馬の高飛び歩の餌食」で△2四歩から桂得で居飛車指せる。

「序盤・中盤・終盤隙がないね」と言われたいもんだ。
 

新雁木

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 9月 1日(金)22時17分16秒
返信・引用 編集済
  あっという間に9月です。
急に涼しくなってきており体調管理には気をつけたいです。
出かけるには最高の季節ですね。

さて、将棋界では菅井王位が誕生した。
菅井が強かったのもあるが、羽生さんの劣化が著しい気がしてならない。
特に竜王戦挑戦者決定戦第2局はあっさり一直線の変化で負けてしまった。
年齢的には永世七冠の最後のチャンスかもしれない。

菅井王位の早指し力戦は糸谷竜王だったときのように瞬時の力に見える。
慣れない相手には通用するが、今日は斉藤七段に負けた。
力戦振り飛車は相居飛車の研究が激しい現在では対象外なので通用したと見た。
30代の佐藤康光のように、次々と力でねじ伏せるように良い意味で期待を裏切ってほしい。

戦型的に見ると雁木が流行している。
角換わりのように激しい将棋を好まない方にとってはやってみたい戦法ではある。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・ ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 ・|六
| 歩 歩 角 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=8  △4四歩  まで

後手が角換わり拒否したのが上図である。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v銀v角v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 ・ 歩 銀 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 角 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=29  ▲3五歩  まで

後手番

先手は試行錯誤で上図がベースとなっている。
金矢倉に組もうと▲6六歩では6筋に争点ができて、タイミング良く角道を開けられる。
いまのところ、プロでもアマチュアでも上図のような局面に進むと思われる。
問題はこの局面をどうみるか。

プロ的には玉の位置が戦場から遠く、△8六歩から継歩で良い勝負と見るだろう。
アマチュアにとっては先手に主導権を握られて、居玉で不安しか残らないと見るだろう。
コンピューターにとっては、金銀の連結が良いのが評価されていると思われる。

一部の高段者を除いて、我々アマチュアにとっては敷居が高い戦型と思っている。
個人的には急戦にも持久戦にも対応できる柔軟性がある陣形なので好む形である。
ただし、持ち時間が少ない場合は受けきるのは容易ではないというのが現在の認識です。
 

精神的なもの

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 8月18日(金)07時40分19秒
返信・引用
  お盆休みも終わって仕事の方も多いでしょう。
夏にしては天気が悪いですが体調管理に気をつけましょう。
人のこといえませんが…。

さて、将棋の調子はまずまず。
具体的な手順は定まっていないが、戦型の方針を打ち出せた。
また、最近は体の調子が良いので集中力が持続できる状態に戻りつつある。
レーティングこそ上がらないが、あくまで目安程度。
ただ、毎日指していないとダメですね。
指さなくなるとすぐに手が見えなくなります。
 

新矢倉戦

 投稿者:管理者  投稿日:2017年 8月16日(水)20時35分22秒
返信・引用
  今日は久しぶりの出勤でした。
しかし、お盆休み中に夏風邪をうつされました。
ありとあらゆる季節で風邪をひくのは恒例となっています。

さて、矢倉は時代が進みすぎている。
先日の藤井四段の序盤戦術はもはや理解不能となりつつある。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v金v玉v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金 ・v銀v角 ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 金 ・ 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 角 金 ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩
手数=30  △6五歩  まで

第1期叡王戦の森内VS阿部光戦で上図は仕掛けが成立している。
当時は見慣れない駒組みだったが、まだ多少は理解できる。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩 ・ ・v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 角 金 ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=14  △6五桂  まで

第59期王位戦の小林健VS藤井聡戦で上図も仕掛けが成立しているらしい。
いや、これは後手囲ってないし、攻め駒が前に出ていないので理解不能。
一見、攻めが軽すぎる上に反撃がきつそうなイメージがある。
初動からエンジン全開で踏み続けなければならないのは相当厳しい。
受ける側は普通にやっていれば指しやすくなりそうだが現代将棋はそうならない。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v玉 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v飛v銀v金v角 ・|二
|v歩 ・ ・v銀 ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 金 ・ 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 角 金 ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ 玉 ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=22  △5二飛  まで

現在▲7七銀が多いことから、上図のように矢倉中飛車も有力だ。
私は自然な指し手が続く上図を持ってみたいけど今時の指し方も注目だ。
 

レンタル掲示板
/116