teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


祝・優勝!

 投稿者:仙台四郎  投稿日:2018年11月 4日(日)15時20分22秒
  秋季ソフトボール大会優勝おめでとうございます!
大濵ソフトボール大臣の熱い投稿、試合の様子が目に浮かぶようです。
ホークスも日本一になり、嬉しいニュース続きです。
こちらは、来週学科内の研究室対抗駅伝大会があり、本番に向けて盛り上がってきました。
斯く言う仙台四郎も一応エントリーしておりますが、ウォーミングアップで息切れしてしまう現状ですので、本番での完走が目標です。
向寒の季節ですので、風邪などひかない様、温かくしてお過ごしください。
後藤・神谷研の皆様のご活躍を東北の地より応援しております。
 
 

MVPの大濱!

 投稿者:後藤  投稿日:2018年10月29日(月)19時34分55秒
  大濱キャプテン詳細な報告ありがとうございました!大濱くんは、今年投稿したBiotechnol. J.の論文が久々の表紙を飾る予定です。勉強もスポーツも大車輪の活躍です!  

2018秋季ソフトボール大会優勝!!

 投稿者:大濵  投稿日:2018年10月22日(月)22時14分7秒
編集済
  10/20に秋季ソフトボール大会が開催されました。
例年、秋のソフトボール大会は2チームの戦力を均等にし、優勝と準優勝を同時に達成することを目標に大会に臨んでいます。昨年、優勝・準優勝を勝ち取り、大小二つのトロフィーを持ち帰った先輩方の姿に恥じない戦いを誓いました。
予選リーグが開幕し、まず初戦を戦ったのはAチームでした。毎回避けては通れない大きな壁となっている片山研Aとの戦い、再三のピンチをしのぎながらなんとか勝利することが出来ました。続いてBチームも初戦の乱打戦を制し、両チームとも勝利で幸先のいいスタートとなりました。その後、Aチームは2戦目も勝利、Bチームは敗れたものの、両チームとも決勝トーナメントへとコマを進めました。
まず決勝トーナメント1回戦はBチームが片山研Bと戦いました。時期キャプテンとの呼び声高い藤澤が再三の好守備を見せ、バックもエース佐藤を盛り立てましたが、相手チームのお家芸である右打ちの前に健闘むなしく、初戦で敗れ去りました。
それを見て燃えないわけがないのAチームのメンバー。しかし、気合が空回りしたのか、決勝トーナメント1回戦の君塚研戦では終盤までリードを許す苦しい展開。その局面を打開したのがショートからチームを鼓舞してきた河口でした。起死回生のスリーランホームランで逆転すると、そのまま逃げ切って準決勝進出を決めました。準決勝の相手は先ほどBチームを破った片山研B。初回に4点の先制を許すも、チームの雰囲気は悪くならず、みんなが声を出して盛り上げていました。すると直後の1回裏、大濵の2ランで差を縮めると、その後2打席連続ホームランとなるグランドスラムで逆転に成功。その後は大林がコースを丁寧に突く、繊細かつ大胆なピッチングで長打を許さず、攻守がかみ合って決勝進出を決めました。決勝の相手は、予選リーグでの激闘が記憶に新しい片山研Aチーム。先ほど勝利したとはいえ、一切油断はできません。初回、またもや先制を許し苦しい試合展開となりましたが、1回の裏に反撃、一つのアウトも取られないままに逆転に成功しました。しかしその時、片山研のショートが両足をつって試合が一時中断。なかなか起き上がれないその選手を運び出そうとした審判の方も足をつり、グランドは一時騒然とした空気に包まれました。この中断が流れを変えたのか、その後は無得点で攻撃を終了し次の回へ、さらに試合は膠着状態のまま進みましたが、ついに追加点を奪い、最終回へ。少し余裕をもって臨んだ最終回でしたが、優勝への道のりはそう平坦ではありませんでした。2点を返され、なおも2アウト3塁のピンチ。野手全員が集中し、静まり返るグラウンド。5試合一人でマウンドを守ってきた大林が投じた本日の349球目は相手打者の振りぬいたバットの芯に当たり、鋭い打球がレフトへ。「まずい!」誰もがそう思った次の瞬間、ボールは春からの地道な努力で成長を遂げた駒田のグラブにおさまり、グランドに歓喜の輪が!春の準優勝の悔しさを胸に努力を続けてきたみんなの気持ちが最高潮に達した瞬間でした。実に5試合中3試合が片山研との試合となり、因縁の相手ぶりを発揮してくれましたが、何とか勝ち切ることが出来、春の雪辱を晴らすことが出来ました。
1年間ソフトボール大臣を務めさせていただき、苦しいときもありましたが、皆様の支えのおかげで何とかやり抜くことが出来ました。チームメイト、先生方、遠くから応援してくださったOB・OGの皆様に感謝して、優勝のよろこびの言葉とさせていただきます。
 

優勝おめでとう!

 投稿者:後藤  投稿日:2018年10月22日(月)10時06分46秒
  強豪片山研を倒して、春の雪辱を果たしました!
優勝おめでとうございます。
3位は、久枝研究室でした。
 

秋ソフト2018 優勝!

 投稿者:GK事務局長  投稿日:2018年10月20日(土)18時14分20秒
編集済
  秋季ソフトボール大会、後藤・神谷研 A チームが見事優勝・三連覇しました!
詳細は大濱キャプテンからの報告をお待ち下さい!

http://www.bioeng.cstm.kyushu-u.ac.jp/index.htm

 

準優勝でした!

 投稿者:後藤  投稿日:2018年 5月16日(水)14時50分54秒
  OBの皆さん
残念ながら、春の大会は、片山研に敗れて、準優勝でした!
でも、みんな頑張りました!
秋は優勝を奪還しましょう!
 

春季ソフトボール大会2018

 投稿者:大濵  投稿日:2018年 5月14日(月)12時56分57秒
編集済
  5/12に春季ソフトボール大会が開催されました。
本来4/14に予定されておりました大会が延期となり、メンバー全員がしっかりと準備をした中での開催となりました。チーム数の変動もあり、各リーグ最下位以外が決勝トーナメント進出となる組み合わせで、まず予選突破を決めたのはBチームでした。傑出した打撃力はないものの、全員がつなぐ意識を持ち、守備でも常に声を掛け合って団結した結果、見事初戦に勝利し予選リーグ1勝1敗で決勝トーナメント進出を決めました。続いてAチームも初戦は投打がかみ合いしっかりと勝利することが出来ました。2戦目は壮絶な打撃戦の末、片山研Aチームに敗れましたが、決勝トーナメント進出を決め、雪辱を誓いました。
午後からの決勝トーナメント、Bチームの初戦の相手はAチームが先ほど敗れた片山研Aでした。先ほどの試合とは一変し、エース佐藤が粘りの投球で相手の強力打線を封じ、守備の要である田中さんやムードメーカー花田、この一か月で急激な成長を遂げた駒田など全員の奮闘により試合は投手戦の様相を呈していましたがわずかに力及ばず決勝トーナメント一回戦敗退となりました。
Aチームは準々決勝で片山研B、準決勝で小江研Aに勝利し決勝にコマを進めました。決勝の相手は片山研Aチーム。本大会だけで二度も敗れている因縁の相手です。試合は予選リーグの時と同様に点の取り合いとなり、常にリードされる展開で我慢の展開が続きました。迎えた4回裏ついに逆転のチャンスがやってきました。長打こそないもののみんなで安打を一本ずつ繋いで同点とし、ツーアウト満塁で迎えるバッターは森田さん。放った打球はフライとなり、ショートどこにも投げられずついに逆転!!さらに続くバッター大濵が放った打球は、大きな放物線を描きながらぐんぐん伸びていき、誰もが外野を超えたと確信しましたが片山研Aのライトがスーパーキャッチを見せ、リードは一点どまりとなりました。しかし、ついにこの試合初めてリードした状況で最終回を迎えることが出来ました。先頭バッターを打ち取り、あとアウト2つで優勝が決まるという場面で迎えるバッターは片山研のピッチャーも務める留学生。これまで幾度となく三振を取り、雄たけびを上げてきた留学生キラーのエース大林が、本日最大のガッツポーズを見せると誰もが信じていました。しかし、相手打者が放った打球は無情にも右中間へ。その後はみんなが気迫のこもった守備を見せましたが、一度ついた片山研打線の火を消すことが出来ず、大量6失点を喫してしまい万事休す。その裏の攻撃でも反撃がかなわず、終わってみれば14対9というスコアで敗北、優勝を逃す結果となりました。
今回の大会は予選リーグから常に緊張感のある試合が続き、決勝では全員の肉体的・精神的疲労がピークに達していた中で、あれだけの戦いが出来たのは本当に素晴らしいことです。今大会を通じて、全員が優勝という目標に向かい団結したことは言うまでもありません。しかし、この大会で優勝を逃した悔しさを決して忘れず、秋には必ず最強の研究室として君臨できるように結束力をさらに高めていきたいと思います。最後に今大会を通じて共に戦ったメンバーに感謝するとともに、この投稿を見るたびに皆さんが悔しさを思い出して奮起できることを願いながら春季ソフトボール大会の総括とさせていただきます。
 

東北大学より近況報告2

 投稿者:仙台四郎  投稿日:2018年 3月 7日(水)22時23分38秒
編集済
  後藤・神谷研を巣立って早4年、現在東北支部長を仰せつかっております、仙台四郎です。
本日、思いがけず毛先輩とお茶をする機会があり、思い出話に花が咲きました。現在毛先輩は2人子供のパパ&マイホームも購入したとのことで大変充実したご様子でした。私も相変わらず元気にしております。
久しぶりに研究室のHPを拝見したが、相変わらずアクティビティが高いご様子で感服いたしました。これからも研究室のご繁栄を遠い東北の地より祈念しております。
後藤・神谷研関係者の皆さま、仙台にお越しの際は是非ご一報ください!
 

東北大学より近況報告

 投稿者:毛@仙台  投稿日:2018年 3月 7日(水)17時50分44秒
  後藤研OB同士で再会し、懐かしくなり投稿させて頂きました。
お互い心身共に健康です。
 

ISEC2017

 投稿者:後藤  投稿日:2017年11月13日(月)18時09分12秒
  溶媒抽出の国際会議ISEC2017が、27年ぶりに日本で開催されました。後藤が、大会委員長として、宮崎のシーガイヤ国際会議場で11月5日-9日に開催いたしました。当研究室の留学生2人と吉田くんが優秀ポスター賞を受賞いたしました。5名の受賞者のうち3名が当研究室の学生でした。  

レンタル掲示板
/41